collaborator


ご協力いただいております、各分野の専門家の皆様に、心から御礼申し上げます。皆様からの専門的なご助言や、貴重な情報を活かしながら、チェリージャパンは努力を続けて参ります。またチェリージャパンは、専門家の皆様のお役にたてますよう、あらゆる努力でフィードバックさせて頂きます!

★順不同

応援コメントを頂きました、一部の方をご紹介させて頂きます。まだまだ、沢山の方にご協力頂いておりますので、順次紹介させて頂きます。


荒井 文説 (あらい ふみと)

オーストラリア在住


2000年シドニーオリンピックで日本選手団の通訳として帯同して以来、ロード合宿拠点オーストラリア(アデレード)支部として活躍、オーストラリア連盟とも繋がりがありトラック競技の開催時には日本選手団の世話役として活躍、現在に至る。

かれこれ16年間日本の自転車ロードチームに関わらせてもらってます。今回チェリージャパンの設立にワクワク感を感じています。アデレード支部長としては、季節の逆な日本とオーストラリア日本の寒い時期に暖かいここオーストラリアでトレーニングキャンプを出来る様準備を進めて行きたいと思います。昔何年もの間日本のロード女子のトレーニングキャンプ地として不動の地アデレードの復活をチェリージャパンと歩んで行きたいと願っています。アデレードのロードトレーニング環境は、メチャクチャいいです。綺麗な海岸線、山岳トレーニング、信号のない、交通量の少ない道路、あと何と言ってもアデレード支部長が最高。これは私です。東京オリンピックに向けて楽しく頑張りましょう。応援してます。



内丸  仁 (うちまる じん)


運動生理学・博士(医学)

仙台大学准教授

 

詳細情報はこちら

Cherry Japanは、2020年東京五輪でのメダル獲得、トップアスリートの育成など夢を実現させるという志のある魅力あふれるチームであると感じております。このような理念をもつCherry Japanに陰ながらサポートさせていただける機会を得られることは、非常にワクワクすると同時に身の引き締まる思いでもあります。私自身のこれまでのスポーツ医科学サポートでの経験やノウハウ等を活かし、夢の実現のために精一杯サポートさせていただきます。



小清水  孝子 (こしみず たかこ)

 

大妻女子大学家政学部食物学科教授

管理栄養士・日本体育協会公認スポーツ栄養士

 


1998年より、(公財)日本自転車競技連盟の医科学委員として、自転車競技日本代表・強化・ジュニア選手達の栄養サポートに携わっています。栄養サポートを通じて、多くの選手・コーチ・スタッフの方達と出会い、たくさんのことを学ばせて頂いています。それらの経験をいかして、栄養面から選手達のコンディション向上やからだつくりなどに、少しでもお役にたてるように協力していきたいと思います。



押鴨 和範 (おしがも かずのり)

 

サイクルショップ オシガモ 店主

1946年創業・千葉県松戸のスポーツ自転車専門店


ショップのサイトはこちら

チェリージャパン発足おめでとうございます。
私も微力ながら、お手伝いをさせていただきます。
今後のご活躍を祈念申し上げます。


小田島 梨絵 (おだじま りえ)


元自転車選手(2012年引退)

2013年よりJOC海外研修員

2015年8月帰国予定


スポーツ指導者海外研修事業について

私は北京、ロンドンと2度のオリンピックを通じてスポーツのもつ、人を繋げて笑顔にするポジティブなエネルギーに魅せられました。2020年にはそんなエネルギーの渦が日本に上陸します!それを一過性のもので終わらせるのではなく、しっかり根付いた形で将来的に継続させるためには、チェリージャパンのような地域密着型かつ幅広く多くの人が参加できるコミュニティが必要です。そんな仲間の中から新しいスター選手が生まれたら。。。ワクワクしますね。チェリージャパンの成長を、スポーツ文化の根付いた明るい未来を、応援しています。



沖 美穂 (おき みほ)

 

日本人初のプロロードレーサー。スピードスケートから自転車競技へ転向し、全日本選手権で11連覇を果たす。シドニー・アテネ・北京オリンピック3大会連続出場。

現在は日本競輪学校教官、JOC女性スポーツ専門部会部会員、JCFアドバイザーとして活動している。

私はシドニー、アテネ、北京3度のロードレースのオリンピック出場経験がありヨーロッパで8年間プロロード選手として活動し2年間はJOC海外コーチ研修生として勉強し10年間ヨーロッパでロードレースを通じて様々な経験をして帰ってきました。3度のオリンピックに出場出来たのは高橋松吉コーチのお陰です。高橋コーチは引退するまで一度も褒めて指導して貰う事は無かったですがそのお陰で心の底から目標に向かって世界のレースで走り続ける事が出来ました。そして今、チェリージャパンの様な女性アスリートが活躍出来る場所が日本にあるのはとても素晴らしく羨ましくも思います。特に房総半島でのトレーニングは世界で戦うためにピッタリな環境です。ここでトレーニングを積んで成果を上げられたのは房総半島でのトレーニングでのお陰と今も感謝し続けています。チェリージャパンのご活躍を応援しています。



千原 宗之 (ちはら そうし)

 

千原マッサージ治療院経営 マッサジャー
2010年 MTB ジャパンシリーズ女子総合優勝選手のボディケア兼コーチ担当
元トップクラス自転車選手
1992年 MTBジャパンシリーズ総合4位など
今回、画期的な女子チーム、チェリージャパンの発足、誠に喜ばしく思います。
私も微力ながら参加させていただく事が出来大変嬉しく思います。
体のケアはお任せください。
これからチームが発展して行く事を願ってやみません。
短いながら私からの挨拶とさせていただきます。


村川 満紀子 (むらかわ まきこ)

 

みたす治療院院長 あん摩マッサージ指圧師

NPO法人日本医療リンパドレナージ協会認定上級セラピスト

リンパ浮腫療法士認定機構認定リンパ浮腫療法士

 

治療院のサイトはこちら

チェリージャパンは、ここへ集まるひとり一人が同じ高い目標に向かって集結している活力と魅力あふれるチームですね。そして、チームが持つ大きな可能性を、皆さんがワクワクしながらあたたかく応援している様子はこのチームは愛されている!と強く感じます。これからの飛躍がとても楽しみです。

 

私は、トライアスロンとサイクルロードレースを経験したことからマッサージ師の道に入りました。この道に導いてくれた競技に携わる機会に恵まれたことに感謝し、微力ではありますが、お役に立てることができれば幸いです。応援しております!